ヴィクトリアマイル予想

牝馬限定のマイルG1を過去結果、直前のレースから予想

新着記事



By

阪神牝馬Sはサウンドオブハートが快勝。ハナズゴールは伸び切れず4着

阪神牝馬S

1着 サウンドオブハート
2着 イチオクノホシ
3着 クィーンズバーン

この日の阪神は良馬場発表でしたが雨の影響が出始めていて、完全に外差し有利な馬場状態になってました。

レースはクィーンズバーンがすんなりと先手をとり、マイペースでの逃げ。中団外からサウンドオブハート、その直後にハナズゴール、さらに後方からイチオクノホシという体勢。
直線を向いてもクィーンズバーンには手応えが残っていて、外からサウンドオブハートも鋭く伸びる。ハナズゴールもサウンドオブハートに続く形で仕掛けていくもいつもの伸びは見られず、後方からにいたイチオクノホシに交わされてしまう。
最後までしっかりと伸びたサウンドオブハートがクィーンズバーンを捉え、後方から迫るイチオクノホシの追撃をクビ差しのいでのゴール。

勝ったサウンドオブハートは大外枠だった事もあり、中団外の理想的なポジションにつける事ができました。
これで1400mは3戦3勝となり、この距離は合うのでしょう。もちろんマイルでの勝ち鞍もありますので、ヴィクトリアマイルでも中心の一頭です。

2着イチオクノホシは後方から追い込んでの2着。
なかなか勝ち切れませんが必ず伸びてくる馬です。今回は外差し有利な馬場ではありましたが、ペースは速くなかったので後方から33.2の脚を使って差してこれたことには価値がありますね。
今の調子ならヴィクトリアマイルでも面白い一頭ですが、ゼンノロブロイ産駒の差し馬はどうも少し足りないイメージはありますね。

3着クィーンズバーンはすんなり行けた事もありしぶとく粘って3着。昨年の同レースを11番人気で勝っている馬ですが今年も7番人気ながら3着と好走しました。
阪神1400mは合うのでしょうが、すんなり行かせるとやっかいな馬です。
昨年のヴィクトリアマイルは逃げて0.6差の7着。今回のように楽に行かせてもらえればチャンスはあるかもしれませんが、東京マイルでは今回と比べればかなり厳しくなりそうです。

4着のハナズゴールは特に大きな不利などもなかったのですが、直線伸びませんでした。
雨の影響で滑っていたという話もあるようなので、それだけが原因ならヴィクトリアマイルでは巻き返しは必至でしょう。こちらは1400よりも1600の方が合いそうです。
ただ今回の馬体重が418kgと小さな馬なのでちょっとした事で苦しくなってしまう可能性は考えておいた方がいいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です