京都牝馬Sは52kgウリウリが内を突いて快勝。大目標はヴィクトリアマイル

京都牝馬S

1着 ウリウリ
2着 ドナウブルー
3着 ノーブルジュエリー

1番人気ドナウブルーの引退レースとしても注目された京都牝馬Sは、格上挑戦で斤量52kgの4歳馬ウリウリが内を突いて鋭く抜け出し快勝。
大目標のヴィクトリアマイルなど今後に向けて期待が高まります。

勝ったウリウリは7枠14番と外目の枠からでしたが、スタート直後に控えて馬群の後方から内のポジションを確保。スタートも悪くなったですし、この位置取りは浜中騎手が意図していたのでしょう。
そのまま内を進み、4コーナーでも慌てず最内の経済コース。あとは前が開くかというというところですが、先行していたローブティサージュとエアジェルブロワの間を一瞬で抜けてきました。(この動画では肝心なとこが映ってませんが)

引退レースの実績馬ドナウブルーに対して、ウリウリは斤量52kgと内を通った好騎乗があり、これで3/4馬身はどちらかと言えばやはりドナウブルーは強かったという印象の方が強いですね。
ただそのドナウブルーも一昨年の京都牝馬Sを1000万勝ち直後に52kgで勝っていて、父ディープインパクトという事も含めて今回のウリウリは一昨年のドナウブルーとの共通点が非常に多くなっています。
今回ウリウリは有利な点が多々あったとは言え、抜け出す脚は素晴らしく、ドナウブルーのように今後の飛躍が期待できそうですね。

3着ノーブルジュエリーも恐らく今年の繁殖入りで、あと1戦するかどうかというところのようですが、この馬はようやく重賞で活躍できたという印象ですね。
デビュー当初の期待も大きかったですし、条件戦も勝てそうで勝てないレースが続いていて、すぐにでも上がってくると思っていましたが、気づけばもう6歳でしたか。

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)