ジョワドヴィーヴル予後不良。調教中に骨折

ヴィクトリアマイル4着で、今週の鳴尾記念に出走を予定していたジョワドヴィーヴルが調教中に骨折、予後不良となってしまいました。

父ディープインパクト母ビワハイジの超良血馬で、ブエナビスタの半妹としてデビュー前から大きな期待をされていました。
新馬を勝った直後、中4週での阪神JF制覇。デビューしてからあっという間に牝馬クラシックの中心となり、「天才」と評されるような高い競馬センスを感じさせる馬でしたね。

桜花賞後は故障での長期休養。休養明けで牡馬相手となった京都記念は見せ場もありませんでしたが、中日新聞杯では6着、そしてヴィクトリアマイルでは鋭い末脚を見せての0.2差4着と、完全復活に向けて着々と良くなっていただけに非常に残念ですね。

競走馬としてももちろんですが、繁殖としても大きな期待がかかっていたはずで、これだけの良血馬を失ってしまったショックはやはり大きいです。
競馬にこういった事故はつきものですが、なんともやりきれませんね。

鳴尾記念(6月1日、阪神、GIII、芝2000メートル)に登録していたジョワドヴィーヴル(牝4歳、栗東・松田博厩舎)がけさ、栗東CWコースでの調教中に左下腿骨開放骨折を発症、予後不良となった。
http://race.sanspo.com/keiba/news/20130529/ope13052911460008-n1.html

URL :
TRACKBACK URL :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)