ヴィクトリアマイル予想

牝馬限定のマイルG1を過去結果、直前のレースから予想

By

ヴィクトリアマイルはヴィルシーナが悲願のG1制覇

ヴィクトリアマイル

1着 ヴィルシーナ
2着 ホエールキャプチャ
3着 マイネイサベル

好スタートからヴィルシーナが先頭を伺うも一旦控え、アイムユアーズが引っ張っていく展開に。
ややスローな流れでレースは進み、アイムユアーズが先頭のまま直線を向くと内々を回ったマイネイサベルが追い出し反応良くわずかに抜け出す。
追いすがるヴィルシーナもしぶとく伸び、残り100mでマイネイサベルの脚が止まると一気に並びかけ、外から鋭く伸びてきたホエールキャプチャの追撃をハナ差しのいで念願のG1初制覇となりました。

勝ったヴィルシーナは一旦マイネイサベルに内から交わされる形になり、手応えからも体勢不利かと思われましたが、ここからがこの馬の強さですね。
昨年はジェンティルドンナの2着続きでしたが、やはり牝馬同士では上位の力はあります。
ただ決め手の面はやはり物足りなく、今回はなんとか勝てましたが決め手の差で敗れるという場面は常に想定しておかないといけない馬かなぁと改めて感じました。

2着ホエールキャプチャは昨年のヴィクトリアマイルを勝っていましたが、その後のレースは全く奮わず、前走の阪神牝馬Sも14着という結果で、今回は12番人気。
確かにマイル戦では連対を外していない馬なのですが、今回ここまでやれるとは意外でした。
かと言ってこれで次走以降信用していいかというと悩ましいところですね。

3着マイネイサベルは最内枠からうまく乗りましたが、最後まで持ちこたえられませんでした。
最近は差す競馬が多かったのですが、ここは最内枠という事もあって先行したんだとは思いますし、結果的にもそれで正解だと思いますが、この形だと最後が甘くなってしまいます。
今後も牝馬戦線では引き続き中心の一頭ですね。

By

福島牝馬Sはオールザットジャズが人気に応え快勝。

福島牝馬S

1着 オールザットジャズ
2着 マイネイサベル
3着 ピュアブリーゼ

スピードリッパーが大逃げを打ち、かなり間を開けてサンシャイン、ピュアブリーゼらが続きその後ろにオールザットジャズ、中団の中にマイネイサベルがつけ、アロマティコは最後方の外からという展開。スピードリッパーはかなり速いペースでいくも後続はそれほど引っ張られず、サンシャインが少し前にいった程度でほぼ一団で流れる形でした。

4コーナーでスピードリッパーがいっぱいになると直線を向いてピュアブリーゼが先頭に立ち、その内からオールザットジャズ。一気に突き抜けそうな手応えでしたがピュアブリーゼもしぶとく、どうにか振り切った形でこのレース連覇となりました。
2着には外から追い込んできたマイネイサベル。しぶとく粘ったピュアブリーゼが3着。

勝ったオールザットジャズは4コーナーでゴチャつく中でうまく内を突けました。小回りの競馬場でこの乗り方が出来るのは大きなアドバンテージになりますね。
昨年と同じく福島牝馬Sを勝ってのヴィクトリアマイル参戦となります。ここのところは小回りで少し力のいる馬場が合うような印象ですので、東京コースがどうかでしょうね。
昨年は2番人気に支持されながら16着と全く力を出せずに終わってしまっているので参考外ですが、1600はそれ以来使っていませんし東京マイルで力を発揮できるかというのがまず問題になってくる馬です。

2着マイネイサベルは昨秋の府中牝馬Sから差す競馬に戻してなかなかの結果を続けています。
東京コースに実績もありますし、今回はオールザットジャズより2kg重い斤量での2着ですからヴィクトリアマイルでは主力の一頭ですね。
ただこのレースで松岡騎手が斜行で6日間の騎乗停止となりヴィクトリアマイルでは騎乗できなくなってしまいました。
全19戦のうち17戦で松岡騎手が手綱をとっていますから、ちょっとこの乗り替わりは気になりますね。

3着ピュアブリーゼはオークス2着以来の久々の馬券圏内。
福島コースで先行馬のなだれ込みというのはまぁよくあるパターンではあるのですが、前があれだけ引っ張った中でしぶとく残れたのは大きな収穫ですね。
今回3着で復調の兆しを見せ、賞金的には変わらず準オープンとなるので次走は期待できそうです。

アロマティコは後方から追い込むも4着まで。マイネイサベルを交わしにかかったところで寄られて苦しくなってしまいました。
ただそこまでの勢いを見れば、オールザットジャズ、マイネイサベルと同等の評価はしてもよいのではないでしょうか。
賞金的にヴィクトリアマイルへの出走はちょっと難しそうなところですが、東京コースの実績はなくても確実な鋭い末脚は魅力で、出てきて欲しい一頭ではあります。